THX HD規格認証 DLP 4K UHDホームシアタープロジェクターHT8050

BenQ feature


THX HD規格認証で忠実な映像が再現されるリファレンスグレードのDLP 4K UHDホームシアタープロジェクター

830万画素の鮮明な映像が再現されるBenQ HT8050は、THX HD規格認証を受けた唯一のDLP 4K UHDホームシアタープロジェクターです。映画館のデジタルシネマに匹敵する完全なDLP画質をあらゆるホームシアターでシームレスに投写できます。

830万画素で細部まで完全に再現される4K UHD

およそ415万(2716 x 1528)個のマイクロミラーを用いた高度なDLP 4K UHD DMDが搭載されるHT8050は、各フレームで解像度を830万画素(Full HD 1080pの4倍)に倍増する最先端の映像処理が可能なデュアルポジションの精度光アクチュエイタを経由してXPR 高速スイッチング技術を活用する全米民生技術協会(CTA)の4K UHD仕様に対応しています。迫力満点の4K UHD画質によってピクセル間のぼやけが低減されるため、細部まではっきりと鮮明な映像を投写できます。

BenQ feature

アーチファクトの発生しない映像細部の完全性と色精度 

複数のパネルに内在する配列関連の問題を回避するためのDMD DLP技術が活用されるHT8050は、1080pよりもはるかに高精細の4K映像によって映像の完全性と色精度が確保されます。そのため、ノイズ、ぼやけ、影、などのアーチファクトを発生させることなく、鮮明ではっきりとした映像と正確な色の再現が可能となりました。

BenQ feature

4Kに最適化された最先端のレンズシステムが実現する鮮やかな映像

クラストップのレンズアーキテクチャが採用されているHT8050の光学エンジンは、目を見張るほどの4K画質を実現するための特別設計が施されています。True Zoom(トゥルーズーム) 機能を備えるほか、完全なる光学システムによって最良の映像クオリティが確保されています。

BenQ feature



高精度14要素6グループのレンズ配列

1080pのプロジェクター技術をはるかにしのぐ超高解像度の14要素のレンズ配列は、金属バレルとセルのフレームワークを備える6つのグループで構成されています。持続的な4Kのための光浸透性を備え、息を吞むほどの色性能、鮮明さ、明瞭さが画面全体で実現されます。

BenQ feature



最高精度を確保するために同期されるTrue Zoomとフォーカスシステム

HT8050のTrue Zoomシステムでは、ピント調整に従って自動で調整が行われ、欠陥なく最適にピントを合わせるためのズーム比が最適化されます。3つの焦点レンズのグループがズームレンズのグループと同時に調整を行って湾曲を補正し、画面全体での高精度の鮮明さと映画館のような完全な性能が確保されます。

BenQ feature

最良の映像品質を確保するための完全な光学システム

最高グレードガラスを採用している4Kの光学システムでは、優れた光浸透性が確保され、実物のような映像を再現します。独自の低分散レンズコーティングによって色収差が最小化されるため、4K UHDの鮮明なコンテンツを投写します。

BenQ feature


THX HDディスプレイ規格認証で、最高級の映像をお届け

最高級のオーディオ・ビデオ・システムのために、THXディスプレイ規格認証では、映画監督が意図したとおりに表示装置がコンテンツを的確に再現できることを認めています。我々の取り組みの成果として、HT8050は、Rec.709色精度、精密なガンマ、理想的な色温度、高度な均一性、 ネイティブのスーパー高コントラスト比、そしてTHXモードを提供しています。また、的確な革新的画質が得られるようにTHX 技術者によって事前にキャリブレーションを実施し、映画製作者が意図したとおりコンテンツと画質をあらゆる細部に至るまで忠実に再現することができるようになっています。


THX HDディスプレイ規格認証取得までの道のり

この権威あるTHX HDディスプレイ規格認証を取得するため、BenQのエンジニアは18か月以上にわたって徹底した開発を進めました。THXに関連する200の研究所試験で構成されたこの開発では、500以上のデータポイントがテストされています。その集中的なプロセスでは、正確な色彩とガンマ調整に関連して、国際標準規格であるRec.709への準拠に必要となるデータ分析の10倍の分析が行われ、7倍のエンジニアリングの取り組みとリソースが投入されました。その結果、究極に優れた映像性能が実現し、アメリカサンフランシスコのTHX本社で実施された3度にわたる試験に合格しました。

BenQ feature

Rec. 709 HDTV規格に従い、きわめて精細な映画の色彩、忠実なHDTV色精度を実現

Rec. 709 は、HDTVの国際規格として、映画監督が意図したとおり映画の色彩が的確に再現されることを認めるものです。6倍速のRGBRGBカラーホイールを使用し、HDTV規格でモデリングされた映画の色彩に合わせてキャリブレーションを実施しています。ご利用のビデオのオリジナルの映像を可能な限り的確に再現した洗練された色彩を映し出すことが可能となります。

※Rec.709はHT8050搭載のピクチャーモードのうちTHXモード/シネマモードで対応しております。


BenQ feature

6倍速のRGBRGBカラーホイールを使用し、HDTV規格でモデリングされた映画の色彩に合わせてキャリブレーションを実施しています。ご利用のビデオのオリジナルの映像を可能な限り的確に再現した洗練された色彩を映し出すことが可能となります。

BenQ feature




BenQ feature

Rec. 709に従ったBenQプロジェクターの設計方式

映画全体を通してすべての映像で色彩を適正に再現できるのは、国際標準規格であるRec. 709に適合したディスプレイに限られます。HT8050はRec. 709色規格適合を実現しています。 プロジェクターの製造には、レンズ、ランプ、そしてカラーホイールコーティングなどの数多くの部材生産工程が含まれています。当社はこれらの差異の隔たりを埋めるために努力を重ね、プロジェクターがRec. 709に厳密に従って動作するように対応しています。そのため、意図されたとおり、映像化された作品を鑑賞するうえで色彩がユーザーにとって重要なものであると当社は考えています。またプロジェクターの色域と輝度に直接影響する色区分とカラーホイールコーティングの20通り以上の組み合わせについて、ISFキャリブレーション訓練を受けたBenQの専門技術者がテストし、ソフトウェアの最適化や製造ラインの品質管理も徹底し、BenQ品質技術者により、製作されたプロジェクターごとに最終色テストを実施してRec. 709適合性能を確認しています。



ハードウェア設計

プロジェクターの色域と輝度に直接影響する色区分とカラーホイールコーティングの20通り以上の組み合わせについて、ISFキャリブレーション訓練を受けたBenQの専門技術者がテストしています。

BenQ feature
BenQ feature



ソフトウェア最適化

色精度を最大限高めるため、ソフトウェア最適化プロセスには、Rec. 709で規定されたD65に対して黒・白・灰色を調整することが含まれています。さらに、3原色と第2原色を1つ1つ調整して、Rec. 709色域の基準にできる限り近い値になるように設定しています。



製造ラインの品質管理

製造ラインに設置した3基の色調整ステーションによって、当社のRec. 709適合プロジェクターの全製品を最終検査しています。 BenQ独自の色調整手順を採用し、各プロジェクター製品がRec. 709色規格に従って確実に製造されるようにしています。さらに、BenQ品質技術者は製作されたプロジェクターごとに最終色テストを実施してRec. 709適合性能を確認しています。

BenQ feature

高ネイティブコントラストで、きわめて精細な細部表現

画質性能を決定する最も重要な特性の1つであるネイティブANSIでは、極度の明るさと暗さを投射するプロジェクターの能力が測定されます。業界トップレベルの高コントラスト比が確保されるHT8050は、どんなシーンでも濃い、真の黒を表現して微妙なレイヤーや細部を解像します。明るいシーンでの白浮きも発生しません。

BenQ feature

ダイナミックブラック™技術とアクティブアイリスによるコントラストのインテリジェントな最適化

アクティブアイリスは光学システムを通過する光の量を制御し、環境に応じてコントラスト性能を最適化します。また、ダイナミックブラック™技術は各シーンの輝度レベルを分析し、光出力とコントラストを最適に調整します。暗いシーンで微妙な細部をはっきりと映し出し、明るいシーンでの白浮きが防止されるため、優れたコントラストで真の黒色が表現され、映像の深部や細部が鮮明に再現されます。

BenQ feature

ライトエンジンを密封する特殊黒色塗料

万が一、光の漏れがあった場合、コントラストに影響が及び、細部が不明瞭になってしまいます。これに対する追加対策として、特殊な黒色塗料でライトエンジンを密封してコントラストを引き上げ、暗いシーンでのごくわずかな細部も表現されるようになっています。

正確なガンマ補正

HT8050では緻密なガンマ補正が行われ、細部や影の完璧な輝度のバランスが維持されます。また、スムーズなグレースケール性能により、明るいシーンでの露出オーバーが防止される一方、暗い場所ではすべての細部まで再現されます。

BenQ feature

理想的な色温度

HT8050では理想的な色温度が厳守され、映画のあらゆるシーンで実物どおりの正確な色彩が再現されます。

BenQ feature

TIRによる最新の映像均一化

BenQの先駆的なトータル・インナー・リフレクション(TIR)光学レンズ構成は複数のプリズムを利用して精密なビーム角を形成し、光を分散してデジタル・マイクロミラー・デバイス(DMD)からより均一な反射を行って、映写された映像全体にわたって均一な色、明るさ、そして忠実度を見事に表現します。

BenQ feature

BenQ SmartEco™

視聴の満足感を高める独創的ソリューションとして、SmartEco™は、コンテンツに応じてランプ輝度を自動的に調整し、より濃い黒を映し出して小さな文字列や微妙な細い部分のコントラストを高めます。

BenQ feature


ビデオエンハンスメントテクノロジーCinemaMaster™ Video+搭載

CinemaMaster™ Video+は、ビデオ強化テクノロジーによってどんな部屋でも最高級のホームシアターに変貌させ、映画ファンを魅了します。

BenQ feature

4Kピクセル・エンハンサー

4Kピクセル・エンハンサーは動作適応型エッジ向上機能として、物体とその背景の色の変化を検出して鮮鋭なエッジと精密な表面の質感を生成することができます。

BenQ feature01

カラー・エンハンサー

カラー・エンハンサーは、複雑なカラーアルゴリズムを調節して飽和色、細やかな勾配、中間の色合い、そして微妙な色素を完璧に表現します。

BenQ feature

フレッシュ・トーン

フレッシュ・トーン機能は、人肌の色合いの変色を防いで、どの肌の色合いも最も美しい陰影をつけて描き出します。

BenQ feature

デジタルカラートランジエントインプルーブメント(DCTI)とデジタルルミナンストランジェントインプルーブメント(DLTI)

高度なアルゴリズムにより、対比色を含む映像や明暗のあるカラースケール映像を描き出す際に色の出力と光出力を大幅に改善します。DCTIは色の鮮烈さを高めて、ノイズ干渉を生じることなく大きな色の変換を行うものです。 DLTIは可変輝度の高速切り替えによるノイズを抑えて最適な明るさとコントラストが得られるようにします。その結果として、最大の映像の奥行きと色の出来栄えをもつ画質が得られます。

BenQ feature


ISFccc®認定
専門的キャリブレーション対応のビジュアル・エンターテインメント

Imaging Science Foundationの評判の高いISFccc®キャリブレーション機能を内蔵しているため、HT8050の映像と色の表現性能について、昼間と夜間の事前設定された光バランスモードと併せて、ホームシアターの空間に合わせてカスタマイズすることができます。

BenQ feature

どんな室内環境にも合う美しい機能的なデザイン

HT8050のモダンなデザインは、アップスケールなホームシアターにぴったりで、どんなインテリアにもしっくりとなじみます。



フロント換気を採用したホームシアタールーム向けのすっきりとしたデザイン

HT8050のフロント換気とシンプルですっきりとしたデザインは、天井取り付け、壁埋め込み、キャビネット設置などに適していますので、設置場所を柔軟に選択できます。

BenQ feature
BenQ feature





シンプルな設定のための高度なインターフェース設計

HT8050ではポートがすっきりとレイアウトされ、視覚的な混乱が発生しないよう、電源と映像信号が独立しています。また、太めの高品質ケーブルやHDMI/電源ケーブルロックを適切な位置に維持するため、十分な端子間のスペースも確保されています。

画面を柔軟に配置するためのH/Vレンズシフト

投写場所のダイナミックレンジが考慮されているHT8050のレンズは、プロジェクター内で縦にも横にもシフトできます。また、どんな部屋でも自由に設置できるよう、投射された映像は画質を損なうことなく上下、左右に移動できるようになっています。

BenQ feature

柔軟な設置を可能にする光学1.5倍ズーム機能

異なる距離での投射を可能にする1.5倍ズーム機能によって設置方法が大幅に広がり、どんなスペースも本格的なホームシアターに変えることができます。

BenQ feature

DLPプロジェクション技術による長持ちする画質

Digital Light Processing (DLP)は、2015年アカデミー賞が授与(Oscar® 像が贈呈)された先端的なプロジェクション技術であり、世界のデジタルシネマの90%で使用され、IMAXシアターの全館で使用されています。世界のプロジェクター市場の50%以上を占めるDLPが圧倒的に優位に立つ中、BenQは世界で一番よく売れているDLPプロジェクターブランドです。

色再現性

BenQ DLPプロジェクターは、きわめて現実的な色彩と生き生きとした映像を可能な限り再生します。互換性のある6セグメントカラーホイールなどの先駆的なBenQイノベーションをDLP BrilliantColor™ テクノロジーと組み合わせることによって、BenQのプロジェクターは、肌の色合いなどの表現しにくい色を忠実に再現し、国際標準規格Rec.709とsRGB規格を厳密に実施しています。

BenQ feature

長寿命

DLPチップは耐久性の高いマイクロミラーと、ほぼ密封されているDLPエンジンで構成され、BenQ DLPプロジェクターが画質の低下を生じることなく長時間の描写に耐えることを意味しています。ほこりの蓄積と熱損傷を最小限に抑えることで、BenQプロジェクターは高機能を維持することが可能となり、基本的にランプ交換だけで高画質を運用することが可能です。

BenQ feature

精細な鮮鋭さを再現

業界最高レベルの高コントラストに対して高い評価を得ているBenQ DLPプロジェクターは、個々の画素の充填比を最大限に高め、きわめて精細な鮮鋭さを再現して細かい部分を非常に明瞭に表示し、文字列を判読しやすくしています。

BenQ feature

* THXとTHXロゴは、米国およびその他の国で登録されているTHX社の商標です。