BenQ 27型アイケアディスプレイEW2770QZ

2560x1440 (2K WQHD/QHD)の解像度とブライトネスインテリジェンスプラス (B.I.+: Brightness Intelligence Plus)技術を搭載した27インチディスプレイ「EW2770QZ」は、4辺にウルトラスリムベゼルを採用した洗練されたシンプルなデザインに仕上がっています。

ew2770qz
ew2770qz


アイケアをさらに向上させるブライトネスインテリジェンスプラス (B.I.+)技術

さまざまな照明環境で目の疲れを軽減

ブライトネスインテリジェンスプラス (B.I.+)技術の周辺光センサーが視聴環境の周辺光レベルと色温度を検出した後、画面上の明るさと色温度を自動で調整して、快適な視聴体験を提供します。

アンビエント照明(室内の環境照明)や色温度の変化をディスプレイ正面のセンサーが読み取り、より目に優しい心地よい環境を提供するために自動的にディスプレイに表示されたコンテンツの輝度および色温度をバランスよく調整します。 室内環境照明がナチュラルやウォーム/電球色の場合、ディスプレイのLEDライトが暖色系の黄ホワイトに発光し、逆に、昼光色(クールな照明で青白い光の蛍光灯などを活用している)の場合は、寒色系青みを帯びた白にLEDライトが発光されます。*

*ディスプレイカラーは徐々に変化します。また、非常によく晴れた日など、光の輝度が強烈なときは、日光の青みがかった白色光として感じないことがあります。

ew2770qz
ew2770qz
EW2770QZ

原色を維持して、コンテンツを完璧に描写

B.I.+技術がコンテンツの明暗度を検知し、明るさを動的に調整します。明るいシーンは露出オーバーにならないようにしながら、暗いシーンは、目に映る鮮明さが失われないようにディテールを向上させます。

ew2770qz

あらゆるインテリアにも調和する、スタイリッシュでカスタマイズ可能なデザイン

ew2770qz

4辺にウルトラスリムベゼルを採用

エッジトゥエッジのウルトラスリムベゼルを4辺に採用したEW2770QZ。スリムでエレガントなデザインに仕上がり、あらゆるインテリア空間に美しく溶け込みます。


VESA規格の壁掛けに対応

EW2770QZは、EWシリーズのBenQビデオエンジョイメントディスプレイとしては初めて、VESA規格の壁掛けに対応するパターンをキャビネット背後に装備しています。ディスプレイを設置する選択肢がこれまで以上に増えるため、職場のレイアウトに柔軟に合わせることも、エンターテイメントの魅力が引き立つように設置することもできます。

視聴体験を最適化

スーパーレゾリューション(スーパー解像度)

「スーパー解像度」は、本来のビデオ源の画素密度を引き上げることによって高解像度画像のシミュレーションを行い、最高の映画視聴体験を実現します。

ew2770qz

色域カバー率100%sRGBとRec.709

sRGBとRec.709による広い色空間は正確かつ一貫性のある色が確保され、印象に残るカラーパフォーマンスを実現します。

ew2770qz

8 bitディスプレイ

フルカラー約1677万色の色合いが同時にレンダリングされるため、ありのままの色が非常に滑らかなグラデーションと申し分のない画質で再現されます。

ew2770qz

スマートフォーカス

指定した画面上のエリアだけに焦点を合わせて目立たせる「スマートフォーカス」。ハイライトされたエリアの明るさは維持し、周辺エリアの明るさを落とすことで、集中して見たい映像だけを楽しむことができます。

ew2770qz
ew2770qz
ew2770qz


ブルーライト軽減

BenQの「ブルーライト軽減」技術は、ブルーライトを遮断して、目が受ける疲労や刺激を効果的に軽減します。あらかじめ設定された4つの「ブルーライト軽減」モード(マルチメディア、ウェブサーフィン、オフィス、閲覧)は、OSDボタンを使って簡単に切り替えができます。目に負担をかけず、快適なコンテンツの視聴をお楽しみいただけます。

ew2770qz
ew2770qz


フリッカーフリー

液晶ディスプレイを使用した作業を長時間続けることで起こる頭痛、眼精疲労、視力障害などは、バックライトのフリッカーによる目の疲れが要因の一つとも言われています。EW2770QZでは、バックライトのフリッカーを効果的に取り除くことで、長時間の使用において目の疲れを大きく軽減することが可能になりました。

ew2770qz

デュレーションで色温度の調整  

ブルーライト軽減、B.I.+の他、ディスプレイのデュレーション(使用時間)に応じて、ディスプレイの色温度を自動的に変更・調整する機能。これにより、長時間ディスプレイを使用した場合、目の負担を軽減し、快適なコンテンツ視聴を提供します。 *B.I.+設定時は使用できません。B.I.+モードを一度オフし、デュレーションモードに変更する必要があります。