【9/18(火)】「4Kカラーマネジメントモニタによる 山岳写真 Lightroom RAW現像講習会」開催!~貴方の山岳写真に、彩りを~

山岳写真を専門とするネイチャーフォトグラファー山写氏によるLightroomを使用したフォトレタッチセミナーを開催いたします。山岳写真は登山であるべきと考えてその過酷な山行と撮影のための技術とウェアを作るfinetrackと、撮影した山岳写真の色彩を表現できるカラーマネジメントモニタを製造するBenQによる、山岳写真を愛する方々を支えるために手を取り合った2社によるコラボレーション企画です。

BenQ color management seminar 2018.0918

山岳写真において【撮影】は全体の工程の半分です。

残り半分の作業は【現像】。
自身の理想とする写真にするために調整を行う必要があります。それがRAW現像という作業です。
撮影と現像の2つ作業を経てはじめて作品としての写真に仕上がります。
また写真を改めて見直すことで構図や露出の改善点を見つけることができます。写真をより良くするためにも、撮影技術を向上させるためにもフォトグラファーにとってRAW現像という作業は必要不可欠です。


今回の講習会はLightroomを使用したフォトレタッチセミナー。

山岳写真の色鮮やかな色彩は廉価帯のモニタで再現することは難しく、本来の色の美しさを表現することができません。

しかし一般のモニタとカラーマネジメントモニタを比較しながら写真編集し、その差を体感する機会がありません。

そこで今回は、4Kカラーマネジメントモニタ「SW271」を受講者全員にご用意し、最高の環境でRAW現像作業をできるように整えました。

この機会にぜひご自身の写真で本来の山岳写真の美しさをご体感ください!


今回の講習会は先着順ではなく抽選とさせていただきます。

※当日は取材が入る可能性がございます。ご了承ください。


4Kカラーマネジメントモニタによる
山岳写真
Lightroom RAW現像講習会

https://yamasha.net/seminar-retouch


■ 日時

2018.9.18(火) 昼13:00~16:00 / 夜18:00~21:00


■ 場所

finetrack TOKYO BASE

東京都渋谷区神宮前6丁目13-8


■ 定員

昼:6名 / 夜:6名


■主な対象者

写真撮影:登山で撮影した山岳写真のRAWデータを所持している方

レタッチ:Adobe Lightroomの使用経験がある方


■応募フォーム

https://goo.gl/forms/W7drztW2paoJa95s1


※応募締切:2018年8月28日


■ 講師:山写(ネイチャーフォトグラファー)


山岳写真を専門とするネイチャーフォトグラファー。

ヒマラヤの8000m峰やヨーロッパアルプスを登り山岳写真に没頭。

メインフィールドは海外。国内では日本の北アルプスと八ヶ岳で活動しつつ自然の魅力を発信したい地方自治体の支援を写真で行う。


https://yamasha.net


■ セミナー内容

01) 山岳写真においてカラーマネジメントディスプレイが必要な理由

02) ハードウェアキャリブレーションの実演(x-rite i1 Display Proを使用)

03) sRGBとAdobe RGB対応モニタの色表現の違い

04) 写真のレタッチのための色彩学基礎

05) Lightroomを使用したレタッチテクニックの解説

06) RAW画像を使用した山岳写真レタッチの実践(作例撮影:山写)

07) お持ちいただいた山岳写真RAW画像のレタッチ講習

08) Twitterで募集した講習で知りたいもの

09) カラーマネジメントディスプレイについてのご質問【BenQ】

10) 山岳写真のレタッチ・登山・撮影技術などのご質問【山写】


■ 貸出機材

BenQカラーマネジメントディスプレイ「SW271」1人1台

http://www.benq.co.jp/product/monitor/sw271/features/


PCはこちらでご用意いたしますが、ご自分のノートPCでレタッチされている方はお持ちいただくこともできます。

※HDMI/ miniDP/USB-TypeC出力ができるものをお持ちください。


SW271

SW271 「SW271」は、TIPA2016ベストフォトモニター 受賞に輝いた先行機種「SW2700PT」のグレードアップ版となり、HDR技術の採用により、表現する画質がさらにレベルアップしました。10-bitパネルを採用した新型の「SW271」では、4K UHDの高解像度、Adobe RGBカバー率99%、sRGBカバー率100%の色空間を実現し、HDRコンテンツにも対応。微細なディテールや質感など、驚くほど鮮明な画像を体験できます。


※発売日は2017年12月21日となります。